英会話スラングN




N


nah (いんや!・いいえ) [ナ’ァ]
Noよりもくだけた表現です。ツイッターを見ていると、”now”(今)の変形版として使っている場合もあります。


nasty (不快な・汚らわしい・ムカツク・意地悪な・最高の) [ナァ’スティ]
善悪両方の意味で使われますが、ほぼマイナスイメージで使われる場合が多いです!


Neek (オタク・キモオタ)[ニィ’ーク]
 “Nerd”と”Geek”を合わせたスラング。友達がいなく、フィギアやアイドルなどに興じている人や、見かけがさえず、ちょっと変わったヤツを指して使います。ツイートでは、Hey neek!”のようにふざけて使っている場合も多いですね!
ワシはオタクじゃないっす。ワシは大学受験生、勉三だす!


never say never (何が起こるかは分からない・絶対なんてものは無い)
 何事も絶対なんて物はない、どんなことでも可能性はあるという表現です。


nigga (ダチ・黒人を指す侮蔑語)[ニィ’ガ]    
* “What’s up my nigga?” 「調子どうだ?」
 “Nigga”(Nigger)というのは、黒人を侮辱して使う言葉なので、私たち日本人は絶対口にすべきではない単語です。(私たちが、黒人に向かってこの言葉を発すれば、命を落とす可能性すらあります!)しかし、ブラック・コミュニティーでは、黒人同士親しみこめて”Nigga”と呼ぶことがあります。また、RAPや黒人同士のツイートで、最も多く使われている単語もこの”Nigga”です。ちなみに、上の例文は、映画「ラッシュ・アワー」の一シーン。”What’s up my nigga?” と、ビリヤードに興じる白人男性にジャッキー・チェンが親しみを込めて話しかけたところ、 “What did you just say?” 「何だって?」と聞き返され、ジャッキーがまた “What’s up my nigga?” と言う。するとボコボコに殴られる!という場面です。
ツイッターなどでは、こんなツイートがあふれかえっていますけれど
Check yo DM’s nigga. I just sent you some shit. 「ダイレクトメッセージチェックしてみろよ!いくつかヤバい(クールな)もの送ったぜ」

 2010年8月に、アメリカの超人気ラジオ人生相談番組”Dr. Laura”で、Dr. Laura Schlessinger(ローラ・シュレジンガー)がこの”Nigga”を連発(11回も)して批判が噴出し、謝罪するという事件がありましたね。ローラは今年切れる契約を更新しないとし、30年間続いた番組が終わるわけです・・・。
CNNのラリーキングライブでは、「自分には収入源が沢山あるから、ラジオをやめたからといってどうってことないわ」とうそぶいていましたが、やはり差別発言をしたマイナスイメージは一生つきまとってくるでしょう。私的にも、辛口コメントが好きで、AFNでよく聴いていたので残念です
<YouTubeに問題のシーンが投稿されていましたが、今は削除されてしまっています。>
【要約】
相談者の黒人女性は、白人男性の夫がいて、彼がいつも「隣の黒人は何をやっているのか?」「黒人だったら~」などことさら黒人のことを意識した発言をするので、こういった人種差別発言に傷ついているとローラに相談する。すると、ローラはオバマ大統領が黒人とのハーフであることを例にとりつつ、
「HBOやブラックコメディーテレビ番組を見れば、どこもかしこも”Nigga nigga nigga”って表現が(黒人同士で)使われているじゃないの!親しみを持って使っているのにどこがおかしいの?」とまくし立てる。相談者は、Niggaを多用したことに関して驚き、それは黒人同士の会話(夫は白人なので、おかしい)だと言う。するとローラは、「過敏に反応しすぎ。もっとユーモアのセンスをもたないと」と諭す。


no bueno (よくない・ダメ)[ノー・ブエノ]
*Falling asleep with contacts no bueno :/
「コンタクトつけて寝るのよくないわ」
 スペイン語でno good(not good)。ツイートでも英語と混ざって頻出します!


no can do (~できない)[ノーキャンドゥ]
*eeww, no can do, that feels horrible!
「うわっ。私にはできないわ。恐そうなんだもん。」
 “I cannot do that.”のスラング形。”ew”は気持ち悪い時や不快なときに発する声です。


No diggity! (マジ、本当に、いいよ)[ノゥ・ディ’ギティ]
1996年にBlackstreetの曲タイトルになって流行したスラング。ツイートでは、黒人同士”No diggity no doubt”(モチロンだぜ=For shizzle my nizzle)の形で頻出。


No drama!(気にすんな・オールオッケー)[ノードラマァ]
 何か失敗して謝る相手に「気にしないで!問題ないよ!」という時に使えるフレーズ。ツイートでは、”hanging around…no drama”「まったり中。全て順調」のように使っているものも多い!


No joke. (冗談じゃない・しゃれにならない) [ノウ・ジョーク]
*It’s no joke. 「冗談じゃないってば!」
ツイッターには黒人からのこんな書き込みもありましたよ!
This Aint No Joke.. Let Me Klear My Throat.. I Wanna Make Loveeeee To Youuu!! 「冗談じゃないから。咳払いさせてくれ。俺はお前と寝たいんじゃ!!」


No way, Jose! (あり得ん!・絶対やだ!・まっぴら御免だ!) [ノウ・ウェイ・ホセ]
“No way!”とも言います。
 No way, Jose. it’s all a decoy. 「絶対にやだね!罠だって!」


nom nom nom (モグモグ)[ナムナムナム]
*Having my Chinese food!nom nom nom
「中華料理を食事中なう。モグモグ。」
食事中に使うツイート頻出表現!”Yum yum”(おいしいおいしい)も覚えておきましょう!
“nom nom nom”に関連する面白い動画を発見!


Now you’re talking! (そうこなくちゃ!)[ナウ ユーアートーキン]
A: Let’s go shoppin at ABAB.「アブアブで買い物しよう!」
B: Now you are talking! 「そうこなくちゃ!」


nuke (核兵器・原子爆弾・レンジでチンする) [ニュ’ーク]
*Situation w/ North Korea and nuke threats escalates.
「北朝鮮との関係と核兵器の脅威が増した。」
“nuclear”のスラング形。電子でチンするというスラングにも使われます!


nuts (イカれた・あほな・「くたばれ!」・男性器のこと) [ナァ’ッツ]
 ナッツといっても、マカダミアナッツのことではありあません。いい意味で使われることはまれにしかありません。また、”go nuts”で「キレる」という意味があるので注意しましょう!
 they all went nuts when i got a gf xD 「ガールフレンドができたとき、みんな切れやがってよ~!ははは」


nympho (ムラムラMAXの・淫乱の女性)[ニィ’ンフォー] 
女性を主語として使うキワドイスラング^^;海外ツイートでは、夜中に
“Ah im a nympho, im so god damn horny. Ugh!”
「超ムラムラする。あ”~」なんてのを時々見かけます(汗)ラップでもよく使われていますし、曲のタイトルにもなりましたが、アブノーマルな意味を含むかなりキワドイ表現なので、間違っても”I am a nympho.”なんて使わないでください!